社内システム関連の求人情報探し

MENU
 

社内システム業務なら社内SE

社内システム業務なら社内SE

社内システムに携わる仕事をしたいなら、企業の社内SEになるのが良いでしょう。

社内SEは、システムの運用・保守・メンテナンスがメインになることが多く、自社内の情報システムの企画や安定的なシステム運用の作業を担います。

自社内での作業となるため、会社間の契約に基づいて様々な現場で作業するSEに比べ、業務環境が安定しており、納期に縛られて残業続き…といった事態は起こらないでしょう。その安定した環境に惹かれる方は多く、社内SEは人気の職業となっています。


しかし、保守やメンテナンスを行う時間以外にも、社内の便利屋扱いをされてPCのセットアップやシステムに関する社内のクレーム対応までする時間がとられるので、常に仕事量は多く忙しい状態が続くこともあります。


 
 

社内SEの求人情報を探す

社内SEには、IT分野の専門的なスキル・知識に加えて人間資質的なスキルが必要不可欠です。

高いコミュニケーション力、チームや強力体制での作業環境に順応することのできる協調性柔軟性。主体的に動ける行動力、長時間作業に対峙する忍耐力などです。


社内SEに転職するためには、求人募集を見つけて応募しなければなりません。社内SEの転職は、求人募集から2週間程の期間でのスピード採用となる傾向があるようです。

社内SEはとても人気の職業で、求人情報が掲載されると応募が殺到することも多いのです。応募者が殺到することから、すぐに選考が始まり、採用する方が決まってしまうのです。なので社内SEになるには、求人募集がかかったタイミングで、素早く応募をする必要があります


転職で社内SEを目指す場合、専門性の高い転職支援サービスを利用することで転職活動を有利に進めることができます。

一般的な職種の転職活動の場合には、求人情報サイトに登録して探せば問題ないのですが、IT業界やエンジニア系統の転職の場合は、業界に特化した転職支援サービスを活用しましょう。

エンジニア系は専門性が高く、業務も多岐にわたるため、転職後の企業とのミスマッチが懸念されます。

専門性が高く業界に精通している転職支援サービスを利用すれば、ミスマッチのリスクを最小限に抑えることができます。


 

オススメ転職支援サービス

レバテックキャリア

レバテックキャリア

オススメ転職支援サービスの1つめは「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリアは、エンジニア専門の転職支援サービスで、登録を済ませれば幅広い優良な求人を紹介してくれます。

関東圏、主に東京都での転職サポートに非常に強く、地域を絞っているからこその深い情報を提供してくれます。

案件の紹介だけではなく、元IT系エンジニアや、IT系の業界に精通したコンサルタントが応募書類の作成アドバイス、面接日程の調整や条件交渉など、丁寧にサポートしてくれます。

ITやWEB系の求人倍率の伸びは他業界よりも高く、膨大な求人数があります。専門性の高いコンサルタントを活用することで、その中から自分に合った企業、自分を必要としている企業を見つけることができます。




 


ワークポート

ワークポート

もう1つのオススメは「ワークポート」です。

こちらもエンジニアの専門性に特化した転職支援サービスです。


社内SEに転職する為には、やはりIT系を専門的にサポートしている転職エージェントを活用するのが良いでしょう。

他の転職支援と比較すると、企業の濃い情報を提供するという支援の形で差別化を図っています。

求人の数も多く、応募までのスピードが早いことでも知られています。しかし利用者の声の中には、求人の案内→応募という流れが機械的だという意見もあります。私が思うに、それは初回面談時のヒアリングがしっかりしており、そこである程度情報を整理できているので、その後の詳しいヒアリングが必要ないのだと思います。

特化系の転職サポートでは転職実績も多いので信頼できます。

関東圏の求人ならレバテックキャリア、それ以外の地域ならワークポートを利用することをオススメします。




社内システムに携わるということは、企業の社内SEとして様々な業務を行うということです。社内SEとは、自社の情報システムの企画や、安定的なシステム運用を担う職業であり、その仕事内容は業界や企業によって多岐に渡ります。社内の便利屋扱いをされて、PCのセットアップやシステムに関する社内のクレーム対応まで、日々、地道な業務に終始することも多いのです。近年の中小企業を中心にIT関連の投資は増加傾向にあり、求人数は少し増えてきています。しかし人気職である為、応募者には高い水準の知識・スキルが求められます。知識・スキル以外にも、コミュニケーション力、協調性、マネジメント力などのヒューマンスキルが求められることが多いです。社内SEは、会社の中で組織の一員として守られた環境で仕事ができ、残業時間も少ないので、就労環境は他のSEに比べマイルドと言えるでしょう。そこが一番の人気の理由かもしれませんね。